心とお腹が満たされるランチがあります

美味しいものを食べると心が満たされる。

一足早い春が来るといわれている町。

南房総館山市のカジュアルフレンチ トックブランシュおざわです。

 

空が曇っていると気持ちがどんよりしたり、空が晴れ渡っていると気持ちが晴れやかになったり。

人の心って、何かに影響されて移り変わるものですよね。

 

食事もおんなじ。

きれいに盛り付けられたり、色鮮やかな料理は目が喜びます。

そして食べて美味しければお腹も満たされる。満たされると感動が生まれて

脳がHAPPYオーラに包まれるんですね。

どんよりな日は、いつも以上にお料理から元気になってほしいと思ったりします。

こちらはレディース会席ランチ。お客様が撮って下さった写真を並べました。オフィシャルでも使わせていただいています。

レディースフレンチ会席ランチはオーダーがない日はありません。リピーターのお客様が多いのです。

毎月のようにこれを楽しみにご予約を済ませ、遠くから食べに来てくださる方もいます。

少しづついろいろ楽しみたいあなたへ。目で楽しめ、食べて美味しいフレンチ会席

そんなキャッチコピーでお勧めをしていますが実際お客様にもそんな楽しみが広がっています。

 

ありきたりなご案内の仕方は他でやっていますので

今回はブログですしパソコンに向かいながら思いのままに綴りつつご紹介しますね。

 

こちらのランチは一皿づつを順番にご提供していくスタイルです。

内容はこちら。

 

①アミューズ

②3種の一口サイズのオードブル

③本日のスープまたはパスタ

④お魚とお肉を2種類づつのメインディッシュ

⑤トックブランシュの中でたぶん一番お楽しみがいっぱいなデザート盛り合わせ

これにパン・ミニサラダ・コーヒーまたは紅茶がついて1,945円です。

 

①アミューズ。(写真左上)”突き出し”にあたる最初の一皿です。フレンチに限らないかもしれませんが、コース料理って最初に一皿までが始まるまでに時間がかかっていくものです。ある程度の準備が整ってから最初の一皿目が提供され始めることがほとんど。なので”お客様のオーダーはきちんと準備を開始しています”ということを表すためのものとも言われるアミューズという突き出しがあります。コースによります。トックブランシュでもランチではレディースフレンチ会席のみでお出ししています。

 

アミューズをお楽しみいただいた後に②オードブル。(写真右上)

一口サイズのオードブルが3種類。ちょこっとづつ盛り合わせたお皿をお運びします。”お箸で楽しむフレンチ会席”という別名もあり、現在はここからお箸をお持ちしていますのでお好みでお使いくださればと思います。ほとんどがお箸を使って一口で食べられちゃうサイズになっています。もちろんないふ&フォークでもお楽しみいただけます♪

  

このオードブルは季節や仕込みによって内容が変わるのでお楽しみポイント。今の季節は菜花が出ていますので春を感じる料理がちょこっとのっていたり、採れたて鮮魚のマリネがのっていたり。(写真の日はエスカベッシュですね)添えているソースもかわいくて、ピンクはビーツ、グリーンはバジルのソース。はい。女子ウケ狙っておりますw


スープかパスタは迷いどころ

前菜が終わると③スープまたはパスタ。どちらかをお客様にチョイスしていただきます。こちらはお食事会では調理の都合上スープにさせていただいています。(数個なら変更可)

リピーター様だったり、事前にこのランチをご存じでご来店の方はそうでもないのですが、ふらりと来たお客様はものすごく迷ってる方がよくおられます。スープは見た目が素敵。パスタはベシャメルで作ったクリームソース。迷いますよね。

(実は追加で両方楽しめる裏チョイスもありますがそれはまた今度)

 

スープはコーンスープかパンプキンスープが日替わりで登場することがほとんどです。お野菜のピューレをスープに飾ってお持ちするのでこれもまたインスタ映えとのこと。写真ではほうれん草のピューレかな。今は紫芋のピューレが多いです。このひと手間がお客様を笑顔につなげている気がします。時々調理過程でスープやピューレが緩く、ピューレが崩れてしまうこともあり運ぶ私たちはとてもキンチョーするのですw

 

パスタはやや量が多めです。”少量づつ”というコンセプトを良い意味で裏切っています。お腹が満腹になることも要素の一つで、この後にあるメインディッシュの少しづつの量がちょうどよくなるストーリーになっています。なおパスタは早い時間に売り切れになる事が多いのでご注意くださいませ。ご予約をお勧めします♪


いよいよメインディッシュ。

いよいよ④メインディッシュとなるわけです。黒い器にはお魚料理。白い器にはお肉料理。

お魚料理は金目鯛のムニエルとクリームコロッケ。ムニエルには赤ワインとビネガーでソテーした私も大好きな玉ねぎのソテーが添えられていて、これがムニエルとの相性ばっちり。ホテルの味がします。クリームコロッケはサクサクふんわり。

 

お肉料理2日間かけてじっくりことこと煮込んだミニロールキャベツと、柔らかジューシーなサーロインのグリルを。添えている温野菜も彩り豊かに。黄色いカリフラワーはターメリックで色付けしています。ここでサラダをお持ちします。オードブルくらいにパンをお持ちしますので、どうぞゆっくりお召し上がりください。パンはフランスパンはお替りできます。


デザートは別腹ってほんとそう。

そしてデザートへ。ここにくるまでいだいたいお腹いっぱいになるかと思いますが”デザートはベツバラ”素敵な言葉です♪お砂糖をほとんど使わないフレンチは、デザートにしっかりと甘さをもってきても邪魔になりません。そして〆るためにコーヒーまたは紅茶があります。なので程よい深さのあるコーヒーと、フレンド紅茶をご用意しています。

 

ここまで段階を踏んで順番にご提供してきました。(ご案内もね)お客様のお召し上がりのペースと、調理過程がマッチングすると最高の状態でお客様はコースをご堪能していただけるようになっています。冷たい料理は冷たいうちに。温かいお料理は温かいうちに。そのためにしっかりと仕込みをして、お客様のご様子を把握しながらキッチンとお客様を繋ぎます。軽くお話をしながらお召し上がりいただくくらいがちょうどよいペースです。中には30分くらいでデザートまで到達してしまうお客様もいたり、びっくりするくらいのスローペースでお召し上がりのお客様もいますが、だいたい平均1時間くらいかな。11時半のご来店で、13時前にはデザートも済んでいることが多いです。


男性もOK!お食事会でもOK!お子様もOK!数量は限定です

名称が「レディースフレンチ会席ランチ」の為、男性は非常にオーダーしにくいランチですが大丈夫です!何度もネーミングを変えようと思っていますが10年来このまんま定着しています。今では男性のリピーター様も多く、お1人様ランチだけでなくご夫婦やお母さまといらっしゃる男性リピーターも多いです。

当然男性だけでなく、女性リピーターが多いのはここまで綴ってきたとおりですが、ご家族連れやお食事会でもご予約可能です。

 

実は当初は1日限定10食、男性不可だったんです。でもあまりにも好評で10食じゃ足らず、男性やお連れ様ののお叱りも頂き(たべさせてよーーーーと)もろもろOKとなりました。ただ伝わっているかは分かりませんが、それぞれに対する仕込み量がハンパないので数量は限定となります。使うお皿も一番多いし、品数も多いし、私たちスタッフがお客様のテーブルへ伺う回数もダントツで一番多いです。なのでお客様とのかかわりが深くなる思い入れのあるコースでもあり、看板メニューになっているといって間違いありません。ぜひ一度お召し上がりいただけたらと思います。そして虜になっていただけたら嬉しいなと思います。


やっぱりご予約が確実。

特にランチですが、予約をしないと入れないと思っていただいているトックブランシュですが、そうとは限りません。お席が空いていればご案内はできます。駐車場がいっぱいでも空席があることもあります。でもお食事会のご予約だったり、特別コースのご予約を頂いたりと、様々なケースに合わせてご案内は調整することがあります。なのでご予約をお勧めしています。お席だけのご予約も大丈夫です。ぜひこちらをお読みいただいてレディースフレンチ会席絶対食べたい!という方はお電話1本くださるとうれしいです。

 

℡0470-25-5524 休業日もありますので、オフィシャルHPやSNSでご確認くださるとうれしいです。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。お腹すいたなーーーー